リロケーション開始

サラリーマンに取って最大の買い物とは一体何でしょうか。これはことによって色々なものが有ります。趣味に没頭したもりに大金をつぎ込む人もいますし豪華な旅行に資金を費やす人もいます。しかし、買い物となるとやはり目に見えるもの、形のあるものと言う事になります。そうなると一体何でしょうか。やはり、何と言っても家でしょう。

特に日本人には家を持ちたい心理があります。資産としての投資目的ではなく実際に生活をする場としての家を持ちたい心理は古くから根付いています。かつてより一国一城の主と言う表現が使われているようにこれで一人前になったと自負し世間からも認められるそんな風潮がふるくからあったのです。所が、高度経済成長を遂げていくうちにその神話が揺らぎ始めたのです。地元企業だった会社が全国展開を遂げていくようになりました。又、合併や吸収を繰り返す事により全国ネットで仕事を行うようになったのです。その結果として生まれてきたものがありました。転勤族と呼ばれる人たちです。

社名による転勤は出世していく為には断ってはいけないものとなってしまったのです。そうして、家族の為に一人で単身赴任を行うサラリーマンが多く生まれました。しかし、この頃まではまだ週末や連休に家族の待つ家に帰れたのです。その為にまだ、家は家族がいる所であり「リロケーション」という言葉も有りませんでした。そして、この先の変動が「リロケーション」を生み出したのです。

▼特集
「リロケーション」のサービスを行っている賃貸管理会社に家賃査定を依頼できるサイトです →→→ 賃貸管理会社